忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
Posted by - 2017.08.20,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2013.09.23,Mon
今回もまた、分解するまえに・・・ということでレビューです。

だいぶ古いイヤホンで、FutureSonicsatrio m5という機種。

FutureSonicsといえば「MG6PRO」という私の大好きなカスタムのメーカーで、このダイナミックドライバがもしかしたら、MG6PROの下位モデル「MG5PRO」と同じドライバではないのか?

と勝手に予想。もしそうならば、リシェルすればMG5PROが作れたりするのかな・・・と思って購入した。
ただ、実際にどうなのかはわからない・・・


高域   ☆☆
中域   ☆☆☆
低域   ☆☆☆☆☆+☆
遮音性  ☆☆☆☆☆
使い勝手 ☆☆☆
満足度  ☆☆☆☆


音は明らかに低域寄り。そして、明らかに高域が少ない
音はウォーム。
解像度は値段なりというか普通(元の値段が結構高いので)



【高域】

大人しすぎる・・・ とにかく控えめ。
伸びもイマイチ。抜けも悪い。
音自体は悪くない感じなんだが、とにかく大人しい。
刺さったりはしないです。


【中域】

高域に比べたら普通に出ているけど、いたって普通で、可もなく不可もなくという感じ。
艶やエロさがなく、音が平面的な感じがする。


【低域】

これはすばらしい低域。「The 密閉型!!!」という感じの、弾力のある重たい低音がドスンとくる。
沈み込みもよく、音の張りだしや、締まりもちょうどよい。
ものすごく好みの低域だ。
同じメーカーのMG6PROもド太い低域をバスンとだすが、あれはバスレフスピーカーのような感じで、ワイドで広がりのある低域を出すが、こちらのm5はタイトで圧縮されたスピード感のある低域。

マイルスの低音に似ているな。
あれをもっとタイトにした感じだ。

この密閉型特有の弾むような低域はウッドベースやバスドラなどの再現性がすばらしい。



【遮音性・使い勝手】

遮音性はかなりよい。2弾フランジ?これがハマるとかなりよい。
ケーブルが頼りなく、癖もつきやすい。



まとめ【中高域に不満が残るも、低域の質感の高さは抜群】

とにかく、このイヤホンは低域が魅力的。逆を言えば、中高域は物足りなさすぎる。
これが定価が数千円のイヤホンだったら中高域もありなのかもしれないけど、1万円台後半のようなので、それを考えると厳しいかなと・・・

ただし、モンスターのマイルス(トリビュートのほう)の低音が好きな人はm5の低音も好きだと思います。

ダイナミック型イヤホンの後ろによく小さな穴が開いてるのがほとんどだけど、マイルスもこのm5も全く見当たらない。
ドライバの背面は完全なる密閉タイプ。
おそらく、スピーカーと同じで、これが弾力のある弾むような低音を出していると思われる。

ただ、マイルスと比べると、中高域が物足りないだけでなく、色味が薄く、鮮やかさに欠け、全体的にダークな印象
また、中高域の音が平面的で軽い。

あと、ダイナミック1発にしてはカナル部分の径がやけに細く、BA型と同じくらいの径だ。
Westoneのユニバーサルと同じ径なのでかなり細い。珍しいな・・・

相性の良いのはヒップホップなんかいいんじゃないでしょうか・・・
音量上げても聴きやすいし、低域はガツンとくるし。

これを分解してダイナミック1発リシェルのMG5PROもどきを作ろうかと思ったのだが、音を聴いた感じだと厳しいな。
リモールドしてドライバが遠くなる分、高域がさらに減衰すると考えると、m5のドライバ1発ではなく、中高域にドライバを追加したハイブリッドあたりがいい音を鳴らしてくれそうだ。
低域は大好きなので、これにEDなんかを使ってハイブリッドにすると、Thousand SoundのTS842の低域がもっと良いバージョンとかになりそうな予感・・・

・・・というわけで、分解しますwww


PR
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]