忍者ブログ
[218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208
Posted by - 2017.06.25,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2013.02.11,Mon

カスタムIEM製作時の耳型採取でいつもお世話になっている補聴器屋さんから、
イヤホンを頂いたので、簡単なレビューをしようと思います。


そのイヤホンは下の画像のもの

exs1.jpg



EXSILENTという、オランダで補聴器製作などを手掛けているらしいメーカーのイヤホンだそうです。

名前は「Qstyle」。


まず、ビックリしたのはその小ささ。私が知っている限り一番小さい。
クリプシュのImageX10やZERO AUDIOも小さいけど、それより小さいんじゃなかろうか。

特にイヤーピースをはめてない状態の小ささがハンパねー。
他のイヤホンと一緒にいくつか並べてみると大きさがわかる。(比較は UM3X、hf5、自作カスタムGrado iGi改MK2です)

exs3.jpg
 

exs2.jpg



ドライバはシングルBAだそうです。

見た目はいたってシンプル。中にはフィルターとイヤーピースが2種ついてます。

 

さっそく聞いてみたんだけど、

なかなかの高音質。

このイヤホンの値段がどの程度のものなのか知らないので、価格を考慮しての音質云々は何ともいえないが、普通にいいです。

シングルBAっぽく、解像度の高さ、音の滑らかさが印象的。 とにかく音をよく拾います。

音はわずかに丸く、クールでもウォームでもなくニュートラル。

 

バランスはほぼフラット、又は少し低音が足りないかな?というくらい。

高域はあまり伸びず、変な響きなどもない。物足りないが聴きやすい。あっさり?

中域も同様で、聴きやすい。
ボーカルなどは距離感があり、ダイレクトに聴こえてくるわけではなく、変に主張しない。

低域はタイトでもなく、ボワつくこともなく、ほどよい硬さだが、重低音はなく、音は軽め。

どの帯域もあっさり?で余計な味付けや色付けは一切しない感じですね。
物足りなさと聴きやすさとどっちとも取れる。


刺さりは多少感じられるが、苦にならないレベル。
音量をあげると「チ」の音がすこし潰れたような感じになる。


55Ωとのことで、いつもより僅かに音量がとりずらい。

音に関しては、余計な味付けや強調などは一切せず、シンプルにいい音という感じです。


音場は狭いけど、耳に差し込まない分、頭内定位ではなく、耳の入り口から額あたりに掛けて音が存在する感じです。音との距離感が少しあって、横には少し広いかも。上下奥行きは狭い。

 


装着感はすごくいいです。
Etymotic Researchのように耳の奥まで挿入することもなく、どちらかというと、耳穴の入り口付近に「チョン」と着けるようなイメージ。
クリプシュのimageX10に近い装着感です。(それよりももっと軽い装着感)
耳掛けもできるが、これは敢えて普通に装着したい。


遮音性や音漏れに関してももそこそこ。


 



個人的には通勤などの電車や、ちょっと音楽聴きたいなって時、流し聴きしたいときに使いたいイヤホン。

DAPからアンプ通して、カスタムIEMなりハイエンドイヤホンなりでガッツリ集中して音楽を堪能したい感じではなく、

サラッっとBGM的に音楽を聴きたいときってあると思う。
(考え事してるときに10proで爆音の打ち込み系とか嫌だもの)

そういうときに使いやすいipodなりウォークマンなりのDAP直挿しでポケットからスッと取り出して使うような感じに向いている。


音もなんとなくイージーリスニング向けというか、そんな感じを受ける。
エッジの立っていない聴きやすい音、でも解像度が高く聴き取りやすい。

かといって、ツマラナイわけではなく、適度な刺激もあるし、5000円以下の安いイヤホンよりは確実に音は良いのでそれなりに音楽を楽しむこともできる。


逆を言えば、迫力や音の厚み、臨場感には欠けるので、やはりそういう時はハイクラスのイヤホンのお世話になりたい。

また、BAシングルだけあって、声が非常に聞き取りやすい。
EtymoticResearchほど耳中に挿入しないためか、適度な距離感があるので、頭内で鳴るような嫌な近さがなく、ストレスフリーで声が聴き取れる。

私はオーディオブックやポッドキャストをよく聴くので、そういう時にも向いていると思う。


さらに、音量が若干とりにくいと書いたが、これももしかしたら意図してそうしているのではないかと思う。
BGM的な使い方をするならば、ガッツリ音楽を堪能するときよりも音量を下げるだろうし。
そういったことを考えているのならばナイスだが、それは作った人にしかわからないので・・・


装着感も同じく、BGM的な聴き方を意図して作られているかのように感じます。
耳に奥まで挿入することがないためストレスがないし、ケーブルの出る角度がかなり斜めに出ているので、耳にあたならいです。

 

 


総じて、非常にストレスフリーなイヤホンだと思います。音質も装着や使い勝手も。
なんとなく、音もの聴こえ方がインナーイヤー型のイヤホンっぽい感じの印象をうける。

 

私は本を読みながら音楽を流し聴きしたりするので、そういうときに使いたい。
または、電車通勤のときなどにサッと取り出してサッとしまえるので、そういう時にも。


イヤホンも使い分けるといいですね。さすがにマイルスやMerlinなんかでオーディオブックとかラジオなんか聴くのは変だしね。聴き難そうw


いくらなんだろ・・・

 

 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]