忍者ブログ
[272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262
Posted by - 2017.08.18,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2013.07.02,Tue
前回の試作機である「C710RE+」(DENON AH-C710+ED)と同じ構成で、別のシェルにて試作2号機を作りました。



ドライバはFXD80という安いイヤホン(ダイナミック型)+バラしたEtymoticResearch hf5のBAドライバ。

FXD80はフルレンジのつもり、hf5のBAドライバ(Knowlesの何かw)を高域。



シェルは昔買ったアイツ(あの音が悪いイヤホンw)から流用・・・色はスモークブラック+少量のブルー。

シェルの先についているイヤーピースを差す部分は真鍮パイプ。



FXD80の先端のドライバ部分だけを使うのだが、音導チューブが付けにくく、
カシメ?のメス?を使ってドライバに接着する。
そこにチューブを接続。 カシメ結構使いやすいです。 色んなサイズあるしいいかも。



フェイスプレートは、当初の案では、
家庭用プリンタのインクジェット対応CDやDVDに印刷する機能を利用し、そのままディスクをカットする方法を取る予定だった。(これが綺麗に印刷できるし、結構便利。厚みも1~2ミリくらいでほどよい)

けれど、このシェルは小さいのでコネクタ部分がフェイスプレートにしか付けれない。
なので、フェイスプレートはCDよりももうすこし厚みのあるものに。

今回はアートワークしてみた。
光沢のインクジェット対応ラベルシートに印刷。パソコンで画像を作って、印刷時に縮小して印刷。 一度やってしまえば、画像の大きさと縮小率を揃えれば同じなので便利。

画像には(写真が近すぎてピントあわなかったので汚いが)「RE+」の変り種フォントでのロゴと、「改」の文字。あとは、このブログ「Earphone Spiral」の文字を印字。

右耳のフェイスプレートだけ白でラインを入れてみた。

失敗もあったが、今後は同じような方法でアートワークできそう。

もちろん、フェイスプレートの厚みがなくてもいい場合は、CDでやります。
DVDでもいいのだが、DVDは実はディスクが2重になっていて、カットすると上下に分かれてさらに薄くなります。
CDだと1枚なのでOK。
太陽誘電製というメーカーのCD-R(光沢・耐水写真画質)ってやつが綺麗に印刷できました。


肝心の音ですが、
思っていたのとは違う音に・・・失敗? 

低域はゴムボールのような弾力ボムボムの低音に。かなり出てます。
中域はそこそこ厚みも聴きやすさもあっていいのだが、
高域は大人しい。

FXD80が結構ドンシャリだったので、高域ももっと出ると思ったのだが、高域は完全にhf5の音。

フルレンジで使ったつもりだったが、ダイナミック側の低域を出そうと、音導チューブを1ミリにしてしまったために、高域がかなり減衰して、自然と中低域担当のドライバになってしまった。

なんとなくだけど千音のTS842のもっと低域強くしたみたいな感じに似てる。解像度やクリアさは劣る。
TS853>TS842>今回の試作2号機 という感じ。

まぁ、試作テストだったしいいか。音悪いってわけじゃないし。










PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]