忍者ブログ
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294
Posted by - 2017.12.16,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2013.10.02,Wed
自作ハイブリッドカスタムIEMが完成したので、簡単にご紹介。

えー・・・今作も私のではありませんw
今回はTwitter(ツイッター)経由でのご依頼品です。

まだご本人様には現時点で発送していないのですが、ブログ掲載してOKということで、写真もアップします。(楽しみ減ったらすいませんw)




I様よりご依頼いただいたハイブリッドカスタムIEMですが、今回はドライバの持ち込み(ベースとなるダイナミック型)ではなく、ドライバもコチラでチョイスしますた。

beyerdynamicのヘッドホンが好きということでしたので、格段にレベルは違いますが、ベイヤーの「DTX101 iE」というイヤホンを選びました。
淡白な音で飾り気もないけど、値段の割りにそこそこ音がよく、低音の音の傾向がベイヤーのヘッドホンっぽさが感じられる・・・気がするw

BAドライバはシンプルにED29689です。


前はこれに似た構成でBAをローカットし、高域として使ったけれど、今回はBAをフルレンジ+ダイナミックを中低域として使ってます。

これは前作のIE8で試したら思いのほか音が良かったので、今回も同じようにしました。
SONYのハイブリッドのXBA-H1やXBA-H2をパクリました。


ダイナミックを3ミリ音導チューブで自然に高域減衰。BAはフルレンジ2ミリチューブでそのまま。お互いのドライバの音圧調整だけした感じです。



今回のご依頼は音は「フラット」ということだったので、なるべく近づけてみたつもり。
たぶんフラットか若干の中低音寄り、もしくはカマボコ

これと言ったずば抜けた特徴はなく、「普通」です(笑)
やはり高域にすこし物足りなさを感じなくもないが、聴き疲れすることなく低音もそこそこ楽しめますが、低域に疲れることもありません。

これまた千音のTS842と構成が似ているため、かなり音も似ています。
TS842は低域がかなりタイトですが、こっちのDTX101改+のほうが低域にすこし膨らみがあり、万能な感じでしょうか。



フェイスプレートWOODです。
なんか木材プレートの指定が多い。人気なのかな。

前は「チーク」という木材を使い、雰囲気ある木材っぽさをだせたのですが、今回は別の木材を使いました。
確か?だったと思う。チークより木目が詰まっていて、硬く、削ったときの表面が滑らかです。その分、加工はチークよりすこし時間がかかりました。

チークは茶色っぽい木材だったのですが、今回は肌色に違い感じで、ニスを塗って磨いて、明るめの茶色に落ち着きました。
なかなかいい色です。フェイスプレートの木材をやったなかで一番綺麗かもしれない。


左が木材をカットした状態、中央が流線型に削って色づけ、右がポートを装着。

ポートにはブロンズ色の金具を使用。
ポートを手で塞ぐと低音がでませんし、篭った音になります。手を離すとドライバが元気に動きだす感じで音がでます。

シェルは「シルバーグレー」という希望をいただいたので、昔作ったIE80改+のときと同じような色の調合でシルバーグレーのシェルにしました。
写真では分かりにくいかもしれませんが、単純なグレーではなく、すこしメタリックな仕上がりになってます。

このグレーとWOODプレートの組み合わせは個人的にかなり好きです。
なんというか・・・プロトタイプっぽいというか、レトロというか・・・。
今度自分用に同じ素材でWOODプレート作ろう。


依頼主のI様はシェルがかなり大きく、私の2倍近くの大きさです(私は小さいほうなので余計にw) (写真左が私のThousand Sound(千音)TS853です)

でも、シェルの中の空間が広く確保できるため、作りやすい。

通常ダイナミック型を使うハイブリッドIEMなどは、シェル内の空間をドライバにかなり占有されてしまうので、コネクタをフェイスプレート側につけたりと工夫がいるのですが、今回は通常通りコネクタもシェルに装着できました。

ただ、I様はシェルとは逆にカナル部分がかなり細く、太い音導チューブが通りません。
今回は2ミリと3ミリだったのでギリOKでした。



カナルの先の部分は、前まではチューブの線断面が見えていたのですが、今回はチューブはカナルの先端より下の部分でカットし、それ以降を穴を塞がないようにレジンで盛って加工したため、カナル先端の違和感もないです。


まだまだ未熟ですが、そこそこ綺麗に出来たかと思います。

ウッドプレートの色が後ろのAK100のブロンズのケースとマッチしてる???



今週末には依頼主の手元に届きますので、また感想をいただきましょう。
作った側としては一番ドキドキする・・・























PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]