忍者ブログ
[311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301
Posted by - 2017.09.23,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2013.12.01,Sun
ちょっとまえに完成してましたが、音が気に入らず、色々手を加えておりました。

で、なんとか納得いく?とはいかないまでもキリのいいところで完成とします。

フィリップスの半開放型FidelioS2が2台ありましたので、そのうち1台をバラしてBA(ED)を追加。  「FidelioS2 Re+」としましょう。




シェルはブラックにゴールドラメを混ぜたもの。 

フェイスプレートは真鍮プレートだが、ドライバがシェルからすこしはみ出すため、フェイスプレートに高さを出すためにブラックの2.5ミリで通常のフェイスプレートを作ったうえに真鍮プレートを取り付けました。
ポートには新しく見つけたネジ式のものを装着。



写真の右側は通常のシリコンキャップをポートに装着したもの。


当初はS2をフルのEDを高域のみとしましたが、なんか音にあまり変化が感じられず、EDをもうすこし下まで出して、S2は中低域に。でも、低域の音圧を弱めにしすぎてらしさがなくなる。

ここで一旦仮で完成とするも、数日聴いて面白くなく、S2の抵抗値を変えてもうすこしS2を主張させて完成です。


音は抜けがよく高域に若干寄っている感じですが、EDでは出ないワイドな低音もでます。
ただ、もともとS2は低音のアタック部は弱いので、底からジワッと出る感じでしょうか。



作りに関して、
まずシェルですが、ブラックのシェルにゴールドラメを混ぜてます
ラメが硬化するまでにシェルの下の方(シェルの表面)に沈んでくるので、イイ感じで面白いシェルになりました。

もっとゴールドラメを少なくして、艶のあるブラックにゴールドが混ざると「漆塗りに金箔」のようなエロいシェルに仕上がったと思いますが、今回は試しということでまた次回挑戦したいと思います。


フェイスプレートにはダイナミック型用にポートを設けてみましたが、
前に作ったアルバナなどとは違って、今回のドライバはポートの影響をあまり受けません
本当に極僅かに音抜けがよくなり、低音が変わるくらい。

当初はフェイスプレートもブラックにゴールドの塗料を散らして、それこそ漆塗りのお椀かおせち料理の重箱のようにしようと思ったのですが、ポートの存在を忘れており、ポートを取り付けてこんなメカニックなデザインに(笑)

ポートも前のアルバナでシリコンキャップが落ちる心配がある問題があったので、ネジ式でキャップを取り付けることができる素材を選びましたが、大きさがいろいろある中、大きめのものを選んだために、すごく主張する変なデザインに。
このねじ式は使える。小さいものだと問題ないと思うので今度使ってみよう。

下がコーティング前の写真ですが、ネジ式のキャップをはめたところです。

 



上の写真はフェイスプレート部のみ作成したときの写真。



上の写真右がシェルのアップ。うーん・・・ゴールド多すぎwww
写真左がポートの部品です。ハンズで購入。




正直な感想としては、解像度や高域の表現はこのハイブリッドはいいですが、高域と中低域の音のスピードというか距離感がチグハグで、まとまりがない
「ハイブリッド」という感じが分かってしまう音なのが残念。 EDだけを近くに配置しすぎたかもしれない。

高域は多少潰れるし、スピード感もないが、元のFidelioS2のほうがバランスやまとまりがいいですね。

まー2台あるということで、この2つを所持していれば面白さは味わえますが。


あと、S2のドライバもデカイです。ドライバだけではなく、音色をなるべくそのまま再現するためにドライバとハウジングの前部分はそのままシェルに入れてます。
シェルに入らなかったので、ハウジングを削ってやっと入りました。

私はシェルの口は広いほうなので、たぶん多くの人にはドライバが入らないだろうと思います。
前に作ったEX90SLと同じくらいの大きさですかね。


最近はインナーイヤー型ぶち込みIEMが好きで、ハイブリッドはしばらく作らないかもですね。
難しいです。 
ダイナミック1発のほうがバランスや自然な感じが好き。解像度などは落ちますが、それでも1発で作るメリットの方が大きい気がする。

ポートの影響を受けたり受けなかったり、ダイナミック型は相変わらずよくわからん。
測定するときも、後ろのポートの状況を考慮できないから、正直出来上がってからしか完全な音は分からないという・・・なんとも使いにくいダイナミック型。

インナーイヤーに関してはそもそもどれくらい密閉して測定するのがベストか分からない状態(笑)完全密閉して測定したら音が反響して歪み、密閉しないと低音が逃げたり・・・

メーカーがハイブリッドやダイナミック型を製品として作らないのがよくわかりますね。
製品として安定しない(笑)

ただ、そこが逆に自作する楽しみだったりもしますが。



今構成を考えて次に取り掛かっているのが、
Sonocore COA-803、ゼンハイザーMX580、MX980あたり。あと、JVCのFXZ100のウーハー+1723Acupassですね。

改造するつもりで、まったく手をつけてないのがEX90SL、ローランドIE3、DENON C710、MEZE11、あたりでしょうか。

寒くなって製作が面倒になってきたので、ノンビリ遊びながら作成するとします。














PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]