忍者ブログ
[324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [313
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2014.03.02,Sun
ダイナミック1発の自作です。
ドライバはCreative EP-660のドライバのみ(ハウジングもすべて取り外して)、音導の大半に真鍮パイプを使用しました。

ドライバについては、あとの文章で書いてますのでそちらを。




見た目は、前作の「IE8改JAPAN」とほぼ同じようなデザイン。
こちらの方がより「漆塗りのお椀」のような感じ。
蒔絵装飾を黒のフェイスプレートに施しました
この手の装飾は大きいものばかりで、小さいものがあまりないので、使える部分だけを切り取って装飾に利用した感じです。



シェルは、「IE8改JAPAN」と同じく、ヘリクス部のみゴールド&ブラックで先に作ってから、その後ブラックのシェルを作って色を変えています。



音導には、内径4ミリの真鍮パイプ。
いわゆる音導チューブなしの「彫り」タイプです。
ダイナミックの場合、できるのならばコチラの「彫り」タイプの方が、音導チューブの柔らかい素材の音の影響を受けにくい気がします。



ドライバなんですが、Creative EP-660、EP-630、EP-830の3つを分解しました。
安くて音がいいということでしたが、どれも結構ドンシャリで、まぁコスパはいいけど・・・うーん・・・ という感じでした。

EP-630は単純にドンシャリなだけで、音も平面的であまりいい印象はないです。
EP-830は低音がだいぶ強い。その分音の厚みは630よりある感じですが、ちょっと篭る気がする。
EP-660は、音が上記2種にくらべて開放的で、あまりストレスを感じない音でした。多少抜けがよいので、値段から感じられる音の解像度などのごまかしが効く音。感じさせないというか。

結局、EP-660なら使ってみようかなということで分解。

これらは、噂ではIE8のドライバにそっくりだとかどうとか・・・見た感じ、そっくりですw
ってか全く同じではないにしろ、ほぼ同じ系統の兄弟ドライバとかじゃないのかな、というくらいそっくり。

今回はハウジングを全部壊してドライバだけを抽出して、使ってます。
なので、もとのイヤホンとは全く別物の音なんですが、だいぶイイ感じです。
前作のIE8改JAPANより、こっちのほうが好印象。

IE8みたいに音がもっさりしないというか、660のほうが音がハッキリしてて、ダイナミックらしさが分かりやすく感じられる。
安いドライバだと思って舐めてました。ダイナミックイヤホンの場合、ドライバよりもハウジングなどその他の部分で金がかかってて。実はドライバは値段ほどの差がないのかもですね

今回は2穴式ではなく1穴式にしてます。
なので、音の調整はあまりできないです。 背面ポートで多少低音が変わる程度でしょうか。

低音がしっかり出ていて、タイトすぎず、ふくらみすぎず、真鍮パイプの音色が乗って、いい意味での響きがついてうっとりします。

唯一失敗したのが、シェルを磨いていたら、シェル内の気泡が顔をだして、うまく修復できなかったこと。
まぁあまり気にならないといえば気にならないですが、作り手としてはテンション下がる。



自分用に作ったIE8改JAPANと今回のKさん用の660改JAPAN。
似たものカスタムIEMです。 ごめんなさい、造形の完成度はIE8改JAPANのほうがいいですw

しかし、こうして和風なカスタムを2つ並べてみると風情がありますな。


もう1つ似たようなシェルがありますので、こちらはまた別の機会に。
赤い和風カスタムに期待しましょう。
いやー、このシェルの赤色なんかエロイわぁー。
作るのが楽しみだ。



PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]