忍者ブログ
[339] [338] [337] [336] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328
Posted by - 2017.09.23,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2014.06.02,Mon
色々作っていたのにブログを書くの忘れていた。
…ということで、フィリップスのFidelio S2というイヤホンが2個ありましたので、1個ばらしてカスタム化してみました。



シェルはブラックヘリクス部にカッパーゴールド
フェイスプレートには真鍮プレート


このFidelio S2は自分がとても気に入っているイヤホンで、自分の手持ちのダイナミックイヤホンではベスト3に入るほど好きです。

まずイヤホンを分解して、ドライバ前のハウジングはそのまま残してもとの音をなるべく再現するような形で取り組みました。

カナル部分を切断すると…穴が開いてない!というか白いプラスチックのようなもので埋まっている。 でも音は出ている。
不思議です。どうやらこのプラスチックみたいなものを音が通ってきているのでしょう。
発泡ウレタンっぽい感じがいちばん近いかもしれません。

そして、ドライバがでかいです。
人によってはシェルに入らないかもしれません。というか入らない人のほうが多いかもしれない。



ドライバ大きいので、シェル内の空間を大きく占領してしまい、コネクタが微妙に入らない。
そこでコネクタを外に出すことにしました。

ちょうどUnique Melodyの3DDを分解して、飛び出しコネクタ用のケーブルが余っていたのでちょうど良い。



コネクタに合うように飛び出した部分を楕円形に削って、少しだけシェルに埋めました。
わかるかな・・・・・

こちらがケーブルです。



音はもとのイヤホンに近いながらも、余計に高域が響く感じで、ゴージャスな感じです。
色々飾り付けられた感じの音がします。

低域はフェイスプレートをつけない状態だとほぼもとのイヤホンと同じ量だったのですが、フェイスプレートを装着すると低音がガクッと減りました。

おそらくドライバ背面の容量があまりなかったためだと思われます。
なので、フェイスプレートに大きな穴を開けてドライバ背面部分にチャンバーを取り付けて空間を確保しました。

低域の押し出しや音の厚みがあるようなタイプではないですが、トランペットやサックスなどはとても艶っぽくて、好きな人にはかなりハマルかと思います。

自分はもとのS2の音のほうが聴き比べると僅かに好きですが、音漏れがあまりしなくなったのと、フィット感がカスタム化によって向上しているので、こちらのカスタムFidelio S2改のほうが使い道が多そうです。



Fidelio S2が3種。

上がノーマル状態。
左がBAとのハイブリッド
右が今回のもの。

ハイブリッドよりもダイナミック1発のほうがはるかに音がいい…我未熟なり…
まだまだ修行がいりそうです。



PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]