忍者ブログ
[342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [334] [333] [332] [331
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2014.06.06,Fri
ダイナミック1発2穴式のカスタムIEMが出来ました。



シェルはグリーンに、ヘリクス部がイエロー
フェイスプレートはグリーンとイエローを重ねて使い、表面にはアートワークを施しました。
2穴式で低音と抜けの調整が出来ます。



名前は「SAMBA800」と勝手に名前つけました。
何故?「800」と思うでしょうが…

このカスタムは今までと違ってリシェルやリモールド系でなく、ドライバだけを購入して使ってます。
そのドライバが本当かどうかは分からないですが「×××××の××800」というイヤホンのドライバだということなのです。



フェイスプレートにはアートワークを施しました。
右耳のひし形のイエローの中にブルーの円形と「634」の表記(自分のニックネーム)、左耳には「☆SAMBA 800☆」と印字。

なかなか綺麗にできたんじゃないでしょうか。
フェイスプレートをある程度作ったあとに、ドライバ背面のポートの存在に気づき、後から穴を空けましたので、なんだか変な感じにはなってしまいましたが…



穴は2穴式です。
シェルの上部の穴がドライバの前面から細チューブで音を減衰させながら抜いた穴
フェイスプレートの穴がドライバ背面の穴

シェルの上部には作成したキャップを取り付けて低音の量と音抜けを調整できます。
密閉型のキャップをすれば低音MAXです。
キャップなしだと低音は弱まる(それでも今回は結構出る)が音抜けがよい。
1ミリキャップだと中間という感じでしょうか。


音はSAMBAと名づけた割りに低域に寄っていて、あまり賑やかな感じではなく、どちらかというとサンバよりもボサノバとかのほうが合いそうな感じです。

低域がかなり強く、低音の質はかなり良いですが、高域は大人しいです
あと少しボーカルあたりは低音が被る感じかな。

ドライバも完全な新品なので、今からエージングをかけて変化を期待したいと思います。
また、エージング後、背面にさらに小さな穴を空けるなどして変化させるのも面白いかもしれません。
様子を見ながら弄ってみたいと思います。



色はブラジルのカラーを参考にというか真似してみました。
この缶コーヒーを見ながら(笑)

ブラジルW杯も近いので、こういう趣旨のものもたまにはいいかな?


今回使ったドライバはまだ可能性を秘めている感じがします。
ドライバと接着するドライバ前面の素材、抜けの穴、カスタムの構造…など色々なバージョンを作ってみようかと思ってます。




PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]