忍者ブログ
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57
Posted by - 2017.06.28,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2012.04.20,Fri

ts842-1.jpg





ハイブリッドカスタムのThousand Sound(千音)TS842をレビューします。

TS842は、ダイナミック1とBA1のハイブリッドタイプのカスタムIEMです。


同じハイブリッドのUniqueMelody「Merlin」とも後日に比較レビューしたいと思います。
(UniqueMelody Merlinとの比較レビューはこちら レビューその②)


まずは、Thousand Sound(千音)TS842の単体でのレビューです。

 

高域   ☆☆☆☆

中域   ☆☆☆☆☆

低域   ☆☆☆☆☆

遮音性  ☆☆☆☆☆

使い勝手 ☆☆☆☆☆

満足度  ☆☆☆☆☆

 

 

まず、全体的な音の感想としては、「マイルド&滑らか」です。

音のバランスはドンシャリでもカマボコでもなく、低域だけが量が多く、高・中は同じくらい

高域→○○○
中域→○○○
低域→○○○○

 

解像度はかなり高いです。

音の傾向が判断しにくく、ウォームとまではいかないんだけど、少し柔らかい??? 俺には判断がつかない。

なんか「滑らか」「マイルド」という感じ。

 

ts842-2.jpg

 

・・・では、各項目別に・・・

 

 

【高域・中域】

すごく「丁寧」です。

解像度も高く、細かい表現もできるけど、けっして刺さらない

ただ、少し伸びが足りない印象はある

また、音の拡散や響きなどもあまりなく、すごく真面目です。

なにやらEtymoticResearchのER-4に使われているKnowles 29689というドライバを使っているみたいだが、

飾らない真面目な音の出し方や音の滑らかさががエティモっぽいが、ERー4はもっと線が細く尖っていて伸びもある。

TS842は線は細いが、先が丸い

刺さらないで聴きやすいという代償として、刺激がなく物足りないとも言える

中・高域がシングルBAなためか、エネルギッシュな感じはあまりない。

至って冷静・・・いや「丁寧」という感じです。


ボーカルのサ行も決して刺さりません。

マルチBA搭載の高域が主張するカスタムIEMやハイエンドイヤホンは、

音楽ジャンルによっては少し「キツさ」があることがありますが、

千音TS842はそういった「キツさ」とか「痛さ」は皆無といって良いほど聴きやすいです


全体の印象で「マイルド」「滑らか」と言ったが、特に中高域が滑らかで、

BA型クール系のように音のひとつひとつがハッキリ輪郭が立つような感じではない。

音の解像度は高いが音と音が分離しておらず、うまく音同士がつながっていて、かなり滑らか

 

 

 

【低域】

かなりの量の低音が出ている。完全なる低音イヤホンというレベル。

タイトで締まりがあり音圧もけっこうある。

ただ、歯切れがよく、あっさりしているため、量が多い割りに聴いていて疲れない


エージング前は低音の深さや沈みこみがなく、かなり高めの重心で低音を鳴らしていて、アタック音中心という感じだった。どちらかというとBAの低音っぽいというか・・・「あっさり」していて物足りなかった。


でも、エージングが進むと、かなり深いところから音が出るようになった
音も落ち着いて、ダイナミック型の低音っぽい。


弾力はあまりなく、柔らかい中高域に反して、低域は結構硬めかも

制動が効いている低音。

打ち込み系の表現は抜群に良い

ts842-3.jpg

 


【遮音性】

音漏れなどは Unique Melody の「Merlin」と同等。

フェイスプレートに穴が空いている割りに音漏れはない。

 


【使い勝手など】

シェルの作りがすごくきれい。

透明感があって、気泡なども一切ない。

表面がツルツルしてるので滑りやすいくらい表面処理がきれいにされてる。 
UMより耳に装着しやすい。

ケーブルは付属しない。ほしい人はオーダー時にプラス料金を払って買える。

ケーブルコネクタはちょっとキツめ。しっかりハマる埋め込み式です。
やっぱり埋め込み式のほうが普段使うにはいいなぁーと改めて思った。

ts842-4.jpgts842-5.jpg

 

まとめ 【丁寧で滑らかな「聴きやすい音」だが「ノリ」が良い】


ぶっちゃけエージング前はかなり「がっかり」でした。

高域は詰まった感じがするし、低域もパンチ力だけの深みがない音だったので・・・

でも、エージング50時間を越えたあたりから高域も綺麗に出て音が拡散するし、

低域も深いところからしっかり出るようになった。


それでいて、聴いていて疲れるような嫌味がまったくなく、低音イヤホンなのに聴きやすい

 


総合的にみると結構良いと思う。2ドライバの割りにいい音出していると思います。

特に悪いところも見当たらないし、解像度も高いし、低音も申し分なく出るし・・・

 


ただ、若干の物足りなさもある。

刺激がなく、余計な残響や色づけなどをしてなくて、源音忠実さもあり、低域も締まってる・・・が、面白味に欠ける部分はある。


「音質」は間違いなく「良い」のだが、音の表現やエロさ臨場感というプラスαがなくタンパクすぎるという一面もある

 

確かに聴きやすい。刺さらない。

今までエティモでさえも刺さっていた曲ですら刺さらない。

ある意味良い特徴であるけど、刺激がちょっと少な過ぎるかもしれない。

ただ、ここまで刺さらないマイルドな音でありながら、高域の繊細な「シャリ」を感じられるのはすごいんじゃなかろうか・・・とも思う。



あと、構成が2ドライバ構成のためか、音が若干だが平面的だと感じる。

エージング後の低域がかなり深く出してくれるようになったので、多少は良くなったが、

あくまでダイナミックドライバの低域が低域だけをメインに音を出しているので、全体の雰囲気や、中・高域の土台的な役割にはあまり貢献していない。

その分、ドライバがいくつもあるイヤホンのように「ごちゃごちゃ」とした情報量の多さがなくシンプルで聴きやすいという利点もある。

ダイナミックとBAのバラバラ感もそんなになく、ある程度きれいにまとまっていると思う

Merlinのように明らかにBAとダイナミックが分かれているような感覚はない。


音場は普通かな。横はそこそこで、下方向へはズシッと沈むような感じはあるが、上方向へ伸びていくような音の広がりはあまりない。

 


けっこう批判的にレビューしてしまったが、聴く音楽ジャンルにとってはかなり良い評価となると思う。

相性のよいジャンルは、JーPOP、HIPHOP、クラブミュージック、ダンスミュージックなどの打ち込み系など。

特に打ち込み系の音楽やヒップホップにはかなりドンピシャじゃないかな

歯切れがよく、低音のパンチと量、音圧もあるためノリノリで聴けると思う。

ドンシャリではなく、低域だけが主張して、中高域がマイルドで滑らかなので、聴きやすい。

ドンシャリイヤホンは低域と同じく高域も主張するので、ノリの良い低域と一緒に耳障りな高域が刺さって聴きにくく疲れてしまう傾向にあるが、

TS842にはそれがなく、打ち込み系の表現はかなりトップクラスじゃないかと思う。

これだけ低音が出ているのに、聴きつかれしない音ってのは結構珍しい・・・

 


逆にジャズやソウルなど雰囲気や臨場感を楽しむような音楽には向いていない。

低音の広がりや幅が足りないために雰囲気作りが苦手かもしれない。


オレの好みの音の傾向のイヤホンではないけれど、HIPHOP聴くときは今後はこのThousand Sound(千音)TS842にお世話になりそうです。


個人的には、強いて言えば、もう少し高域の伸びや中高域の表現力がほしかったところ


でも、2ドライバの割りにはかなり良いと思います。

価格も4万ちょいなんで、悪くはないと思います。

使い分けという意味では、自分的には買ってよかったかと。手持ちイヤホンのなかでHIPHOPにもっとも相性がよい。

 


シェルが綺麗だったし、付け心地がかなり良いので、今度手持ちのイヤホンのリシェルをThousand Soundさんにお願いしてみようかなと思いました。


後日、同じハイブリッド型のUniqueMelodyのMerlinと比較してレビューしたいと思います。
(UniqueMelody Merlinとの比較レビューはこちら レビューその②)

 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]