忍者ブログ
[71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2012.04.25,Wed

いまさら?と思うかもしれませんが、発売からかなり経過したイヤホンだけど手持ちでレビューしてなかったものがいくつかあるのでレビューしたいと思います。

ドブルベ HP-TWF11

radiusというメーカーのイヤホンで、DDM方式という(Dual Diaphragm Matrix方式)中低域と高域用の2枚の振動板を1つのドライバーユニット内に搭載する方式らしい。

つまりダイナミック型2枚のデュアルダイナミック型というわけ。

 


高域   ☆☆☆☆

中域   ☆☆☆

低域   ☆☆☆☆

遮音性  ☆☆☆

使い勝手 ☆☆☆☆

満足度  ☆☆☆☆

 


全体的な音の印象としては重厚で柔らかい音質

解像度はまあ価格なりといったところかもしれないが、音の傾向から解像度を際立たせるような音ではなく、線の太い濃い音なためそこまで気にはならない。


バランスは低域寄りでドンシャリではない。高域は主張しない。

 

 

【高域】

音の鮮やかさや色味は感じられるけど、伸びが足りない印象

多少の雑な印象はあるが、この価格のダイナミック型にしてはそこそこの音質だと思う。

線の細さやエッジがないので高域での刺さりなどの嫌味はない。

 


【中域】

ほかの方がレビューされているように、低域とかぶる部分がある

ただし、ボーカルの表現力があり、特に男性ボーカルの低めの声はうまく表現してくれる

繊細な女性ボーカルにはすこし向かないかもしれない。

 


【低域】

かなり量感たっぷりの低域。だが、若干緩さが感じられ人によってはボワついていると感じる人もいると思う。

締まってはいないので、打ち込み系には合わないと思う。

やはりジャズと相性の良い低域

ほんのわずかだが、低域の残響のようなものが感じれる。

低域部の音の厚みがしっかりあり、低域の迫力や力強さが感じられ、低くどっしりとした音という印象

個人的にはけっこう好きな低域かも。

 


【遮音性】

音漏れや遮音性は普通レベル。多少の漏れはある。

 


【使い勝手など】

装着間があまりよくない。フィットしにくいというか・・・

ケーブルも布巻きのようで洋服の素材などによっては多少引っかかる。

デザインは良い。俺が買ったのはワインレッドのような色。バーガンディー?

 


まとめ 【重厚で濃密な音と重心の低さがジャズに合う】


このイヤホンの売りはやはり低域

かなり深く重心が低いのと、音の厚み力強さがしっかりある。

逆に高域や中域にはそこまでの魅力はない。


解像度などの基本性能はそこそこだけど、音が柔らかく滑らかなためそこまで気にならない

ウッドベースやバスなどの低く響かせるような音を聴くなら相性が良いと思う

つまりジャズと相性がいいということ。

 

人によってはかなり評価が悪いイヤホンでもあるが、個人的にはそこまで悪くないと思う。けっこう好きかも。


上位機種としてドブルベヌメロドゥ(HP-TWF21K)があり、こちらもDDM方式のデュアルダイナミック型だが、

オレは音の傾向などはこちらのHP-TWF11のほうが好きです。

ヌメロドゥのほうがもっと中高域が綺麗にでて、全体のバランスが良い。抜けも良く、音場も広い

低域の力強さや重厚さはHP-TWF11。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]