忍者ブログ
[17] [15] [13] [11] [9] [7] [1
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2011.05.20,Fri


高域   ☆☆☆

中域   ☆☆☆☆

低域   ☆☆☆

遮音性  ☆☆☆☆☆

使い勝手 ☆☆☆☆

満足度  ☆☆☆☆

 

全体的にEtymoticResearch(エティモティックリサーチ)の音。
解像度が高くクリアで聴きやすい。
バランスは中域が若干でてるカマボコタイプだと思う。
遮音性も良くポータブル使用に最適。




【高域】

クリアで高解像度であるにも関わらず、
シャリや刺さりが全くない
のは、さすがEtymotic Research。

逆を言えば、シャリや刺さりのなさを「聴きやすい」ととるか、「物足りない」ととるかで評価が分かれるところ。

伸びがイマイチと感じる部分は多少ある。 


【中域】

中域も高域と同じく、聴きやすい。

音のバランスはほぼフラットであるが、
ボーカル等は非常に聞きやすく若干前に出ている気がする

ナチュラルで自然な音

 
【低域】

今回のhf5は「低域にやや厚みを持たせたチューニング」が施されているらしく、エティモティックリサーチのイヤホンを聴いたことがある人はぜひ聞き比べてほしいのですが、低音の量感がアップしています。


ただし、低音に力をいれたのではなく、

あくまで、エティモティックリサーチの特徴である「高・中音域」の
綺麗な音質はそのままに、低域を補完したという感じです

大迫力のズンズンドコドコなサウンドではなく、

「タイト」で「切れ味ある」ビシッと引き締まった低音

変に色づけしていないナチュラルな低音といえる。


別に他の低音イヤホンと比べなければ、低音が不足しているとは感じないが、やはり音に重みがない。

もう少し音の厚みがあれば、最高だったのだが、そこに手を入れれば、最大の特徴である中高域のクリアさに影響が出る気がするので、恐らくバランス的に今がベストなのだろうと思う。

 
【遮音性・音漏れ】

エティモの代名詞とも言える、3段フランジに抵抗がなければ
おそらく遮音性はイヤホンでもトップクラスです。

音楽を再生すれば外の音は聞こえないです。

 


【使い勝手】

Etymotic Researchのイヤホンは耳の奥に差し込まなければならず、
その独特の装着感と圧迫感が苦手な人もいましたし、

何より正しく装着するには、
片手で耳を引っ張り、開いた耳の穴にイヤホンを差し込んで・・・

という感じで慣れも必要でしたが、


今回のhf5は、本体がスタイリッシュになり、耳にスッと入るように改善されている

長時間のリスニングでも圧迫感などは感じないし、違和感もない。


また、以前のエティモのポータブル向けER-6iなどでは、
ケーブルが細く、断線の報告が多くありましたが、

hf5はケーブルが耐久性の高いものに変更され、断線の心配も軽減されている。

だが、コードノイズは結構する。

あと、ケーブルに癖がつきやすいのが難点か・・・


 

【まとめ】 装着に不満を感じなければ入門機として最適か

基本的な音質のレベルは高く、コストパフォーマンス的には非常に良いと思う。

最近は各メーカーともに、色んなタイプや価格帯のイヤホンを展開するなか、Etymotic Researchは自社の強みを理解した商品展開を継続している点も非常に好感が持てる。

 
低音は確かにそんなに出てはいないけれど、それもあって聴きやすい。

また、ホワイトノイズが全然のらない。すばらしい。
個人的にホワイトノイズが苦手なので・・・

音場は狭いな。いわゆる頭内定位。

 4、5万クラスのイヤホンに手を出すにはちょっと抵抗があるけど、

1万前後で良い音質で音楽を聴きたい人には、間違いなくおススメできるモデル

とにかく「聴きやすい」です。ストレスフリーな音色。


 

 

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]