忍者ブログ
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91
Posted by - 2017.06.29,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by m34 - 2012.06.03,Sun
仕事の関係でバタバタしていたので、途中でとまっていた自作カスタムリシェルを再開しました。


ようやくシェルを削り、今はシェル内の微調整。



120603.jpg

今回はSONYのMDR-90SLの音をそのまま密閉型にしたようなスタンダードな音にしたいので、

ドライバを入れて、硬化なしのパテでドライバを固定し音を聞いて、またシェルを削って・・・の繰り返し。

試聴しながら作っているとあることに気づく・・・

まずもっとも大事なのは、ドライバの前面(音の出る側)から出口までの完璧な密閉具合。
ここが少しでも漏れてると音がスカスカになり、音も遠く、音量も得られない。
当たり前だけど、しっかり密閉するのは大事ですね。

ドバイバの後ろ側は抜けのために開いている必要があるんだけど、前面の密閉ってのがまず第一関門。


そして、そのドライバ前面から出口までの空間の広さや音の出口の大きさでかなり音が変わることに気づいた。

空間が狭く、出口まで音が最小限の空間を通って音が出てくるようにすると音がかなり近い。
耳元で鳴ってる感じ。音の圧力もかなりある。
ただ、音の広がりなどがない気がする。あと、全帯域強くてすこし耳障り。



空間が広いと空間内で音が反響して出口から音が出てくる感じで、
それまでに音が吸収されたり反射したりで結構聴こえ方が違う。

まず耳元で音がなる感じがなくなる。ただし、あまり空間が広すぎると音量も小さくなるし、音も遠くなる。
広いと低域がこもる感じがする。
逆にボーカルなんかは近すぎなくて聞きやすい。
高域はやさしく耳に入ってくる感じ。


やってて感じたのはコレくらい。
ドライバはただ移植するだけなので、そもそもの音は変えられないが、
ドライバと音の出口の距離感や空間の広さで音が多少変わる感じ。
音の傾向はケーブルのみでしか変わらないけど、聴こえ方が変わる。


今までのドブルベやHiDefJaxなどはドライバがでかすぎて調整もなにも入れるので精一杯だった。
ある意味完成後の音は偶然の産物。

でも今回はそこまで大きくない。11~3ミリ??? なので多少位置の調整が出来る。



あとは、左右で音が同じようになるように地道に調整するだけ。

今回は慎重に・・・


その後、ドライバを固定→ケーブルをコネクタにハンダ付け→コネクタをシェルに埋め込み→フェイスプレートと合体・・・


もしかしてダイナミック型のカスタムが少ないのはこういった理由があるからなんじゃないかな・・・?

人によって耳型(インプレ)の大きさが違うから、入るドライバの大きさも人によって違うだろうし、
13ミリ以下のドライバでも人によって奥まで入らなかったりして位置が変わるので音を同じように作るのが難しいとか・・・そんな理由がある気がする。 勝手な個人的予測だけど(笑)






 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
m34
性別:
男性
自己紹介:
数年前、EtymoticResearchのER-4を買ってしまったことでイヤホンスパイラルに・・・ヘッドホンもちょっとだけ・・・

10年前から音楽にはまり、一時期は毎日1枚CDを買っていた。
聴く音楽ジャンルは、JAZZ、ラテン(ボサノバからサルサ、キューバンジャズなど)ファンク、ソウル、R&B、HIPHOP、クラブ,SKA、レゲエ、ハワイアン・・・などなど。J-POPはほとんど聞かないかも。
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]